Home 事業のご案内:通信教育講座の開講 BtoBコミュニケーション大学校 WEB講座開講!

BtoBコミュニケーション大学校 WEB講座開講!

BtoBコミュニケーション大学校WEB講座とは

「BtoBコミュニケーション大学校」は、BtoB 広告をはじめ、企業間取引で必要なコミュニケーションの理論、実践論を体系的にしかも広範囲に修得できる集中講座です。
この度、本講座の会場での受講が難しい皆様や、本大学校の講座をお知りになりたい方のために、パソコンやスマホで受講できるWeb講座を開設致しました。
開講以来、多くの受講生に親しまれてきた本講座を、ご都合に合わせて受講することができます。

こんな方におすすめです!

  • BtoB企業で宣伝販促やマーケティングなど、コミュニケーション業務を担当されている皆様
  • 広告業界をはじめとしたコミュニケーションビジネスへの転職を考えている皆様。また勉強中の学生の皆様
  • 自社のコミュニケーション活動を強化したい経営者やご担当者の皆様

●BtoBコミュニケーション大学校の実績
過去受講企業・500社 
主な受講企業様名:オムロン、川崎重工業、神戸製鋼所、TDK 、東芝、日清紡、日本精工、三菱重工業、コマツ、日刊工業新聞社、三菱電機、富士通、日本電気、電通、博報堂、中外、マブチモーター、安川電機、学生(京都造形芸術大学、駒沢大学、早稲田大学、法政大学) 他多数受講

BtoBコミュニケーション大学校WEB講座の特長

  • 家でも、会社でも、好きな場所で
    好きな時間に学べます

    インターネットに繋がる環境があれば、パソコンやスマホでいつでもどこでも講義を受講できます。また、講座で使用するテキストもWeb上でダウンロードすることができます。

  • 専門性の高い
    コミュニケーション講座

    企業間取引で必要なコミュニケーション理論を習得できる講座です。
    広告業界の業者団体「一般社団法人 日本広告業協会」の運営ですので、業界の最新トレンドをいち早く学ぶことができます。

  • 単講座での申し込みが可能

    学びたい講座だけを選択できるので、1科目から学ぶことができます。

  • 充実の講師陣

    PCやスマホで動画を閲覧することで受講できます。講座で使用するテキストもダウンロードできます。本講座の会場で受講が難しい方や、好きな時間に学びたい方におすすめです。

BtoBコミュニケーション講座で学べること

  • BtoB広告とBtoC広告の違いとは?
  • BtoBコミュニケーションとして効果的なクロスメディア戦略について
  • 新聞広告と雑誌広告をBtoBコミュニケーションにどのように活用すべきか?
  • 企業間取引で必要なブランディングと、その実践方法。
  • 広告に欠かせない法務知識とは?

BtoBコミュニケーション大学校 講義の様子

講師陣の紹介

  • 山﨑方義(やまさき まさよし)
    「BtoBコミュニケーションとマーケティング」講座

    愛知産業大学経営学部教授

  • 溝口裕康(みぞぐち ひろやす)
    「BtoBコミュニケーションとクロスメディア」講座

    ㈱中外 専務執行役員 兼 上海有限公司 董事総経理

  • 北原利行(きたはら としゆき)
    「新聞広告と雑誌広告」講座

    (株)電通 電通総研・メディアイノベーション研究部 研究主幹

  • 森門教尊(もりかど のりたか)
    「BtoBブランディング」講座

    ㈱博報堂コンサルティング プロジェクトマネージャー

  • 須藤雅紀(すとう まさのり)
    「情報法令」講座

    ㈱日立ハイテクサイエンス 監査役 女子美術大学非常勤講師

  • 山口民雄(やまぐち たみお)
    「CSR活動とコーポレートコミュニケーション」講座

    NPO法人 循環型社会研究会 理事(CSRワークショップリーダー)

  • 田窪正則(たくぼ まさのり)
    「マーケティングリサーチ」講座

    ヒストリカルデザイン(株) 代表取締役

  • 嶋村和恵(しまむら かずえ)
    「BtoBコミュニケーション概論」講座

    BtoBコミュニケーション大学校学長 早稲田大学商学学術院教授

実務者の育成に、最適なカリキュラム
BtoBコミュニケーションは、ITの進展、グローバル化、地球環境問題の重視、高齢化社会の進行など、企業をとりまく環境が著しく変化する状況の下で、その重要性がますます高まっております。そうした中、宣伝や広報などのBtoBコミュニケーションに関する新しい知を生み出すことが必要であると考えます。基礎知識なくしては新しい知の創造は期待できないといっても過言ではなく、したがってBtoBコミュニケーションに関する基礎知識の習得が大切であります。そのような主旨に基づいて開催される「BtoBコミュニケーション大学校」では、これまで多くの受講生に実務に結びつく講義を提供してきました。BtoBコミュニケーションのスペシャリストを志向する多くの方に本講座を受講されることをお勧めいたします。

BtoBコミュニケーション大学校 受講者の声

「BtoBコミュニケーション概論」を受講して
概論を通して、BtoBコミュニケーションの特徴を改めて理解しました。ブランディングの重要性の高まりなど非常に納得するお話しでした。初めて学ぶ分野でしたがとてもわかりやすい講義でした。
「BtoBコミュニケーションとマーケティング」を受講して
BtoBコミュニケーションにおいて、実績や事実を提示するのが一般的ですが、情報をまじめに発信しても伝わらないというお話は面白かったです。また、課題として一番初めに「リクルーティング」を上げられていた部分に共感しました。
「BtoBコミュニケーションとクロスメディア」を受講して
BtoB企業とBtoC企業のコミュニケーション手法が近くなっている点を理解しました。また、海外のyoutubeの事例なども、非常に興味深いお話しでした。
BtoB領域においても、カスタマージャーニーという言葉が語られるようになるだろうとの点も気づきを得る事が出来ました。
「新聞広告と雑誌広告」を受講して
メディアの基本的な属性と近況が理解できたので大変参考になりました。また、データが沢山あり説得力がありました。

WEB講座 講義内容

WEB
講座
受講期間
講座
番号
講座名 内容(予定) 講師(予定)
※敬称略
2017年
7月4日

2018年
3月31日
BtoBコミュニケーション概論 広告の定義。BtoB広告とBtoC広告との相違。BtoB広告の役割。BtoB広告クリエイティブの特徴。BtoB広告メディアの特徴。BtoBブランディング、など。 嶋村 和恵
BtoBコミュニケーション大学学長・早稲田大学商学学術院教授
2017年
9月19日

2018年
3月31日
BtoBコミュニケーションと
マーケティング
企業コミュニケーション概論。広告コミュニケーション戦略とマーケティング。BtoBコミュニケーションのフレームワーク。プロジェクトコミュニケーションなど。 山崎 方義
愛知産業大学経営学部教授
2017年
7月4日

2018年
3月31日
BtoBコミュニケーションと
クロスメディア
BtoB媒体の特性・評価・選定のポイント。BtoBにおける媒体戦略と効果的なクロスメディア。ネットメディアのシナジー効果、など。 溝口 裕康
㈱中外 専務執行役員 兼 上海中外先智広告有限公司 董事総経理
2017年
7月4日

2018年
3月31日
新聞広告と雑誌広告 新聞広告と雑誌広告の役割。BtoB企業におけるマスメディアの位置づけ。インターネット時代における新聞・雑誌広告のあり方。広告効果測定、など。 北原 利行
㈱電通 電通総研・メディアイノベーション研究部研究主幹
2017年
7月4日

2018年
3月31日
BtoBブランディング ブランディングの基礎知識。BtoBブランディングのあり方。ブランドコミュニケーションの進め方。エクスターナルブランディングとインターナルブランディング、など。 森門 教尊
㈱博報堂コンサルティング プロジェクトマネージャー
2017年
7月4日

2018年
3月31日
情報法令と広告責任・広告
の危機管理
企業における広告コミュニケーションにおけるリスク。リスク最小化のために著作権等の知的財産権法の基礎知識を事例を中心に解説する。 須藤 雅紀
㈱日立ハイテクサイエンス 監査役 女子美術大学非常勤講師
2017年
9月12日

2018年
3月31日
CSR活動と
コーポレートコミュニケーション
コーポレートコミュニケーションにおけるCSRの位置づけ、CSR活動の種類。効果的なCSR報告書の作り方。CSR報告書と環境報告書との関係。CSRからCSVへ。ISO26000とCSR活動の再整備。 山口 民雄
NPO法人 循環型社
会研究会 理事(CSRワークショップ リーダー)
2017年
9月12日

2018年
3月31日
マーケティングリサーチ マーケティングリサーチ概論。マーケティングの発展とマーケティングリサーチ。マーケティングリサーチの設計と調査指標の概念。効果的な市場調査、など。 田窪 正則
ヒストリカルデザイン(株)代表取締役

<Web受講について>
○映像配信プラットフォーム「クラストリーム」を利用して配信を行います。
○インターネットに接続されたパソコンと、スピーカーやヘッドホン等の音声機器が必要になります。推奨環境につきましては、下記ご参照ください。
○視聴用のURL、およびID・パスワードは、メールにてご連絡いたします。
○Web 受講では画面上の操作により、講座資料をダウンロードすることが出来ます。
○講座資料はウェブ講座にお申込みされたご本人に限り使用を許可するものです。第三者への公開や複製、譲渡、2 次的使用についてはご遠慮ください。
<視聴推奨環境>
■OS:Windows Vista(32bit 版) / 7 / 8.x  MacOS X ver.10.6 以降(※スマートフォンでの視聴には専用アプリのインストールが必要です。[AppStore] / [GooglePlay] (Android OS 2.3以上))
■CPU:Windows /2.33GHz 以上のx86 互換プロセッサー MacOS /Core Duo1.83GHz 以上のプロセッサー
■メモリ:1GB 以上
■ブラウザ:Microsoft Internet Explorer8 以降、最新バージョンのFireFox、Google Chrome
■プラグイン:Adobe Flash Player ver11.1.0 以降
■回線:ADSL、CATV(ケーブル)、光回線などの高速回線(推奨:2Mbps 以上、必須:500kbps 以上)なお、ISDN、データ通信カードなどは動作保証外です。
※クッキーおよびJavaScriptを有効にしてください。
※推奨環境を満たしていても、インターネットの回線状況・混雑状況、あるいは別アプリケーションの同時利用等により、正常に再生できない場合があります。

受講料
(1講座につき)
会員:8,640円 一般:12,960円 学生:5,400円
Page Top